Climate Neutral

Climate Neutral

Climate Neutralとは?


Climate Neutral (クライメイト・ニュートラル)は、低炭素社会への移行を加速させるために、二酸化炭素排出量の測定、削減、オフセットを公に行う企業を募集している非営利団体です。

Klean Kanteenは、この厳格な3段階のプロセス(二酸化炭素排出量の測定、削減、オフセット)を完了し、現在、世界中の製品の製造と配送において100%カーボンニュートラルを達成しました。気候変動ニュートラル認証ラベルは、社会的な意識を持って購入する力を与え、気候変動に懸念を示す世界中の何百万人もの人々の購買力を高める可能性を秘めています。

Klean Kanteenオーナーより(ジェフ・クレスウェル、ミッシェル・カルバーバー)

クライメイト・ニュートラルを取得した意味や、家族や従業員が所有する企業として、Klean Kanteenでのあらゆる意思決定において、社会的責任がどのような指針となっているかについて、お話します。

Klean Kanteenでは設立当初より、「善のための力である」ことがすべての活動の原動力となってきました。 私たちは不必要な廃棄物や使い捨てのアイテムやプラスチックが私たちの環境に与える有害な影響についての意識を高めるために、たゆまぬ努力を続けてきました。 長年にわたり持続可能性をめぐる議論が続き、個人や企業が模範を示すことでプラスの影響を与えることができるのを目の当たりにしてきました。 2020年2月時点でカーボン・ニュートラルを達成するために、NPO「クライメイト・ニュートラル」との協力し「最高の環境対策にする」という目標に向けて、次のステップを発表できることを嬉しく思います。

NPO「クライメイト・ニュートラル」は、独立した厳格な認証プログラムを用いて、排出削減とカーボン・オフセットを組み合わせて温室効果ガスの排出量全体でカーボンニュートラルを達成しているかどうかを検証します。 消費財を生産する多くの企業と同様に、原材料の生産、製造、輸送が私たちの最大の排出源となっています。生産工場と協力して再生可能エネルギーの使用を増やすことで、これらの排出量を削減しています。さらに、包装材の使用量を削減し、包装材のリサイクル率を高め、私たちは事業活動全体で将来の排出量削減のための分析と計画を継続しています。 そして、排出量の削減が気候変動に取り組むための最も重要な行動です。カーボン・オフセット自体が戦略ではありませんが、オフセットを購入することは、より多くの時間を必要とする削減に向けて取り組む中で、すぐに実行できる有意義な行動です。 オフセット調達が私たちの気候戦略の一部である限り、質の高いオフセットの基準を満たしていることを保証します。

商品の生産・出荷が気候に与える影響を認識しており、2009年初頭から二酸化炭素排出量の測定と削減に取り組んできました。現在の世代と将来の世代のために行うべき正しいことだと考え、NPO「クライメイト・ニュートラル」と協力して、二酸化炭素排出量の測定、削減、オフセットを公に行ってきました。現在では、世界中の製品の製造と配送において、100%カーボンニュートラルを実現しています。 これは従業員が所有する企業として、Klean Kanteenで行うすべての決定における指針となる原則です。私たちは、環境への影響を継続的に低減することを成長と共に約束します。今後、Klean Kanteenのすべての新製品パッケージに、社会的な意識を持って購入して頂けるように、「Climate Neutral」のロゴを表記します。

メジャー(測定)

メジャー(測定)

温室効果ガスの排出量を削減・設定するための第一歩は、排出源を特定することです。Klean Kanteenの温室効果ガス排出量のプロファイルは、以下のようになっています。

Measure our Impact

削減

温室効果ガス排出量削減のための近未来計画には、以下のようなものがあります。

  • 製造業における再生可能エネルギー
  • 一次梱包材の使用量削減
  • すべての一次梱包材のリサイクル率を高める

オフセット

オフセット

カーボン・オフセットを購入・相殺することは、企業が取ることができる最も直接的な気候変動対策の1つです。私たちは、現在のところ削減できないGHG排出量のためにオフセットを購入しています。オフセットによるKlean Kanteenの削減量は、質の高いカーボンクレジットの「ビッグ6」の属性を満たしています。

恒久的かつ、定量化可能。検証ができ、実施可能なプランを作り上げました。そしてプランの見直しと追加。

これらのオフセットは、Verified Carbon Standard、American Carbon Registry、Climate Action Reserve、Gold Standard、およびClean Development Mechanismを通じて検証されています。

Climate Neutral