イベントへの参加活動

#BringYourOwn

クリーンカンティーンは日本各地でごみを無くすための支援活動にパートナーと共に取り組んでいます。

クリーンカンティーンは音楽フェスやアウトドアイベント活動と深く結びついています。音楽、映画、冒険、芸術、そしてアウトドアを讃え、しかもゴミの出ない素晴らしいイベントとのパートナーシップを結ぶことは、私たちの心からの喜びです。

MIYAKO ISLAND ROCK FESTIVAL 2017

MIYAKO ISLAND ROCK FESTIVAL 2017
http://www.mirf.jp

【開催日】
2017年6月17日(土)

【場所】
宮古島コースタルリゾートヒララ トゥリバー地区ヘッドランド特設会場(宮古島平良地区)

【参加人数】
動員数 3000名
出演者・スタッフ 約500名

【概要】
~SAVE THE SEA, SAVE THE SKY~
海に優しく、空に優しい、南の島のロックフェスをコンセプトに掲げる、沖縄の離島“宮古島”で行われる音楽フェス。
『宮古島ロックフェスティバル』は離島の子供達に本物の音楽を聴かせる事で、大きな夢を与え、宮古島の素晴らしい自然を、音楽を通じてたくさんの人たちに見てもらい、そこからかけがえのない自然の大切さを知ってもらいたい。そんな熱い想いをもった宮古島に住むひとりの若者から始まりました。

【クリーンカンティーンの活動内容】
自然の大切さを尊ぶイベントコンセプトに賛同し、クリーンカンティーンのクラシックインスレートボトル20ozをオフィシャルボトルとして販売。また、バックヤードで使い捨てカップを廃止し、クリーンカンティーンのパイントカップ16ozを使用し、出演者、スタッフを合わせた約500名分の使い捨てカップを削減。

THREE PEAKS

スリーピークス八ヶ岳トレイル
http://trail38.com

【開催日】
2017 年6 月11 日(日)

【開催場所】
山梨県北杜市

【参加人数】
One Pack Line 38k / 250 名Attack Line 23k / 500 名

【概要】
○大会名に込めた我々の思い〈コンセプト〉
『THREE PEAKS』には3つの意味があります。
PEAK1:コース中の最大の難所(PEAK)はレース中盤に出現する標高2500mの『三ツ頭』
PEAK2:この大自然を走れる幸せ(PEAK)を心と体で感じてもらいたい
PEAK3:レース参加者以外にも八ヶ岳を楽しむ場(PEAK)を提供したい

PEAK1《コース中の最大の難所 (PEAK) は標高2500mの『三ツ頭』》
本レースコースは、トレイル率95%という、豊かな自然の中が舞台となります。 ゴツゴツとした石場の下り、厳しい登り、荒々しい下りといったテクニカルなコースが続くOne Pack Line 38kと、八ヶ岳高原のさわやかな風を感じながら、林道や遊歩道、棒道を駆け抜けるAttack Line 23kの2コースを設定しました。
PEAK2《この大自然を走れる幸せ (PEAK) を心と体で感じてもらいたい》
自然豊かな地山梨県の中でも、厳しく長い冬を越えた新緑の春の景色は大変美しいものです。トレイルランニングレースを開催するにあたり、自然の息吹を全身に浴びながら走る心地よさを大勢の皆様に感じて頂きたいと思い、北杜市での開催を企画しました。
PEAK3《レース参加者以外にも八ヶ岳を楽しむ場 (PEAK) を提供したい》
本大会では、より大勢の方々に八ヶ岳を味わっていただきたく、レースに参加しない同伴者の皆様向けにも、マルシェ、フットパスといったイベントを開催します。また会場となる山梨県北杜市は標高1000mに位置し、豊かな自然・美味しい食べ物・アート・スポーツ施設などに恵まれた、観光地としても魅力の地域です。参加される皆様にはレースに出場するだけでなく、八ケ岳南麓エリアを心ゆくまで味わって頂けたら幸いです。

○大会を通じて我々が目指すもの
八ヶ岳を舞台とした本コースの大部分は「第三種国定公園」に指定されており、多種多様な動植物が生息しています。レースに関わることにより、走る喜びだけでなく、「環境を維持していく為に、スタッフやランナーに何ができるか?」を、大会を通じて考える機会を設けると共に、様々な環境保護活動に取り組んで参ります。

【クリーンカンティーンの活動内容】
http://trail38.com/news/2017/03/post-98.html
スリーピークス八ヶ岳トレイルでは、環境保護・保全に向けての取り組みを、大会開催当時から行っており、自然や八ヶ岳を愛する方々との共存を目指し、ペーパーレスの推奨や、ごみ削減への取り組みをより深める為に、給水所(エイドステーション)での使い捨てカップの廃止を今大会から行いました。この方針をクリーンカンティーンはサポートし、全参加者、スタッフを合わせた約1200名へクリーンカンティーンのスチールカップ10ozを公式カップとして配布し、レースごとに発生していた5000-6000個の使い捨てカップのゴミがゼロとなった。

MICHINOKU AKITA CHARITY RUN&WALK

みちのく秋田チャリティーラン&ウォーク
https://www.facebook.com/michinokuakita24

【開催日】
2017年7月1日~ 2017年7月2日 2日間

【場所】
秋田県横手市 グリーンスタジアム横手

【参加人数】
270名

【概要】
2005年から仲間と一緒に始めた24時間のマラソン大会「みちのく秋田チャリティーラン&ウォーク」。参加者全員の走行距離数(km)×5円を寄付しようというもので、これまで新潟中越地震、福岡西方沖地震、3.11東日本大震災の被災地、そして生まれながらに障害を持った子どもたちに義援金として寄付させていだきました。3.11のあった2011年からは、東北沿岸部のほうに寄付をさせていただいています。

【クリーンカンティーン活動内容】 過去12回で、約6万個以上の使い捨てカップを使用していた現実を変えるべく、今までエイドで使用されていた使い捨ての紙コップの使用をやめる為にクリーンカンティーンのスチールカップ10ozを参加賞として採用して頂き、全ランナーへ配布し、会期中使い捨てカップゼロ運動を行った。成果として、約5,000個 ゴミ袋15袋分の削減に成功。